ホーム > 最新記事 > TSR速報(大型倒産情報・注目企業動向) > (株)アールエス

大型倒産(原則負債総額30億円以上)および注目企業の動向
TSR速報

2020/10/22(木)

破産申請

負債総額約8億8000万円

福岡 ゲーム用機器・デジタルサイネージ製造販売 (株)アールエス

~「新型コロナ」関連、旧商号は(株)リバ-サ-ビス~

※画像は実際の企業と関係はありません

 (株)アールエス(TSR企業コード:870260804、法人番号:4290001023100、久留米市朝妻町6-29、設立1990(平成2)年4月、資本金5000万円、神宮司憲人社長)は10月19日、福岡地裁久留米支部に破産を申請した。申請代理人は福島直也弁護士(弁護士法人はやて法律事務所博多事務所、福岡市博多区博多駅前2-11-16、電話092-409-1444)ほか2名。
 負債総額は債権者約60名に対して約8億8000万円。

 アミューズメント機器のレンタル業からスタートし、その後中古機器や新製品販売も手掛けた。一時はゲームセンター、ボウリング場、カラオケ、ビリヤード場も経営し、東京や大阪、沖縄などにも事業拠点を開設して業容を拡大、ピークの1997年3月期は売上高約40億1600万円を計上していた。
 2006年10月には金属製品製造を手掛ける上場企業と資本提携したが、その後、意見の食い違いから解消。以降は家庭用ゲーム機や携帯電話のゲームアプリの普及により業況が悪化し、2009年3月期には売上高が20億円を割り込んだ。
 その後、直営店の閉鎖を進めるなど体質改善に取り組んだが、減収が続いたうえ連続赤字を計上し、2013年3月期には債務超過に転落した。近年は、過去に納入したゲーム機器の部品の製造販売に加え、海外提携工場とともにデジタルサイネージの製造販売にシフトしていたが業績悪化は止まらず、2020年3月期は売上高約2億3600万円まで減少。金融機関からは返済猶予を受けるなどして凌いでいたが、「新型コロナウイルス」の感染拡大の影響で商業施設からの受注減に拍車がかかり、業績改善の見通しも立たず今回の措置となった。

全国最新トピックス

12月01日号
(有)明巧堂 【鹿児島】 スポーツ用品小売、整骨院経営
11月20日号
サクラ化学工業(株) 【兵庫】 FRP製品の製造販売ほか
11月18日号
(株)アールエス 【福岡】 ゲーム用機器・デジタルサイネージ製造販売
11月12日号
高野建設(株) 【宮城】 土木工事、砂利販売ほか
11月11日号
日本パラピン紙工業(株) 【大阪】 包装資材製造販売

TSR速報 地区版 Map

Twitter

TSR公式SNS

TSR公式Twitter
TSR公式Facebook
YouTube TSR公式チャンネル”

ページの先頭へ